のんのん下柳と鉄郎

とりあえずGOしろや
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# SW 鳥取砂丘
植田正治写真美術館の後は砂丘を目指す。
日没までに着きたいが、連休の為か車が沢山あった。





斜陽が射す中、砂丘に到着。







人が豆粒の様だ。





砂丘を越えるとすぐ海で、満ち潮っぽかったけど、割と静かな海だった。



海なし県の子だし、海に沈みゆく夕陽なんて、スペシャル感がとんでもない。



砂丘に沈む私の足。

この後、近くの共同浴場でお風呂に入り、移動。



風呂上りは白バラコーヒー。


 
| - | - | 12:28 | category: 山陰 山陽 |
# SW 植田正治写真美術館


島根から、山を通って鳥取へ。











大山がすぐそこに。
そしてここは植田正治写真美術館。





ハットが、



飛んでいく。

この美術館には、巨大なレンズが仕込んであって、
それが外の景色を室内に写し込ませる。



ミラーがないので、景色は反転のまま。
車が走ればそれも写り込む。
生きている写真だった。



小さい点がレンズ。
実物大のものが館内に展示してあるけれど、相当な大きさだった。



大山とわたし。

| - | - | 12:19 | category: 山陰 山陽 |
# SW 津和野
夕暮れの京都、たかばしでラーメンを食べた後は、西へ一気に移動して、
夜のうちに津和野へ。

んで朝から津和野。
9年ぶりくらいの津和野。



前回胸を打たれた乙女峠へ。









こんな感じだったけか、と思いながら我が足跡を辿る。
隠れキリシタンが長崎から連れてこられて、ひどいことをされた現場だ。



町へ下りると、普通の教会があった。
ここは前回見たことのないばしょだった。





中はこんな感じ。



床板はぐるぐる。



そして畳。




外の水路には鯉が泳いでいる。

しばらく歩くと酒屋さんがあったのでお酒を購入。
「初陣」
ここから日本酒ブームが始まる。





杉玉。



安野光雅美術館を見学。
ぶっきらぼうな受付の人がいたこと以外は楽しかった。

この後は東へ移動。
 
| - | - | 12:05 | category: 山陰 山陽 |
# 人生は移動か
神奈川で起きて、静岡、愛知、岐阜、滋賀、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、山口、そして島根。
抜けは無いと思うけれども、大層移動したものだ。

来たからには、いずれ帰るという事か。

遠いな。


運転中にフツフツと感情がかき乱される。
ああ、どこに行っても大丈夫だ、と。
日本のそこかしこに何か郷愁を感じさせるものがあって、ぐぐぐと来てしまう。

| - | - | 01:51 | category: 山陰 山陽 |
# 鳥取
本日は鳥取で「鳴り砂」を体感しました。


その後は豆腐ちくわなどを食べてから、海水浴をしました。





捕獲


かわいいフグを捕まえました。





そして海も空もきれいでした。


海
| comments(0) | - | 21:10 | category: 山陰 山陽 |
# 広島の夜
070913_2143~01.jpg


久しぶりの広島上陸です。





目的地は福山市なのですが、腹ごしらえの為に広島市内に入りました。





そこでヤコジャネットワークで教えてもらった「千番」に行きました。











070913_2132~01.jpg


ラーメンも焼き飯もとてもおいしかったです。











070913_2132~02.jpg


そして何より、店内が昭和だったのでとても好きでした。








お腹がいっぱいになった後は、一路福山へと向かうのでした。






| comments(2) | - | 12:29 | category: 山陰 山陽 |
# 秋芳洞
070913_1029~01.jpg


巷では空前の鍾乳洞ブームですが、僕らもどうやらムーブメントに乗っかっています。





日本三大鍾乳洞の1つ


「秋芳洞」に来てみました。











070913_1033~01.jpg


この鍾乳洞は今まで見た中では最大級の広さでした。


途中いくつも見所がありましたが、僕の携帯カメラではきれいに撮ることができなかったので、デジカメにおさめてあります。











070913_1152~01.jpg


洞内から外に流れる水は、石灰が混ざっているのか、少し白濁しています。





「秋芳洞」にも冒険コースがありましたが、冒険度は先日の球泉洞の方が上だった気がします。


しかしこちらは冒険コースからの眺望が素晴らしく、この広さならではだな、と思いました。











070913_1151~01.jpg
| comments(0) | - | 01:18 | category: 山陰 山陽 |
# 功山寺
070912_1047~01.jpg


結局2日目も濱崎さんのご実家に泊めていただき、家族の方に見送りまでしていただきました。


そして向かった先が功山寺。





このお寺は庭がとてもきれいだったので、畳に座りこんでずっと庭を眺めていました。














070912_1108~01.jpg


お寺を見た後はお腹が減ったので、焼肉屋さんに行きました。








070912_1303~01.jpg


このお店は、とにかくおいしかったです。


そして激安。


自宅の近所に是非欲しい一軒です。











この後は、東行庵という所に行きました。


先程の功山寺とともに、高杉晋作にゆかりのある場所です。





焼肉屋さんも含めて、全て濱崎さんに教えてもらった所をまわりました。


下関の数日間は、まさに至れり尽くせりという感じでした。


本当にお世話になりました。





この日の夜は秋芳洞の近くで寝ました。
| comments(0) | - | 01:00 | category: 山陰 山陽 |
# 赤間神宮
070911_1532~01.jpg


翌日は、濱崎さんに教えてもらった赤間神宮に行きました。








070911_1535~01.jpg


ここには、耳なし芳一の像があったり、琵琶が展示してあったりして興味深かったです。











070911_1600~01.jpg


「平家がに」がいたので写真に撮らせてもらいました。






| comments(0) | - | 00:46 | category: 山陰 山陽 |
# 下関
門司で沢山おいしいものを食べた後は下関へと向かいました。





今回の下関は大きなイベントがありました。





話は昨年末に戻り、


僕らは関釜フェリーに乗って韓国へと向かいました。


船内ではカウントダウンパーティーが行われており、その時演舞していたのが「馬関奇兵隊」というよさこいのチームでした。


演舞に感動したヤコジャがその後連絡を取り合うようになり、下関に訪れた際には会いに行く約束をしていました。





そして今回下関に寄ることが出来たので、お会いすることが出来ました。








「馬関奇兵隊」の濱崎さんという方と合流させていただいて、よさこいの練習風景を見させていただきました。











070910_2053~02.jpg


年齢や背の大きさなど関係なく、ビシッと揃っている演舞はとても素敵で、見ていて体が熱くなりました。





練習後は皆さんが気さくに話しかけてくれて嬉しかったです。





その夜は、濱崎さんに地元のおいしい居酒屋に連れていっていただき、ヒラマサや本物の明太子、鯨の竜田揚げなどを食べさせてもらいました。





そして濱崎さんのご実家に泊めていただいて本当にお世話になりっぱなしの1日でした。






| comments(2) | - | 00:18 | category: 山陰 山陽 |
English here
Search this site
photo

Created with Admarket's flickrSLiDR.
Selected Entry
Archives
Recommend
アドア
アドア (JUGEMレビュー »)
スマッシング・パンプキンズ ビリー・コーガン
Recommend
Peepshow
Peepshow (JUGEMレビュー »)
Siouxsie and the Banshees
Recommend
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Sponsored Links