のんのん下柳と鉄郎

とりあえずGOしろや
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# nw
久しぶりの列車は、それなりのストレスだった。
iPhoneの音楽を整理したので、nwブーム再来。
minksとかnew orderとか。
時代が違いすぎるから、音も違うんだけど、括りは一緒にしても構いません。

| - | - | 19:52 | category: 音楽 |
# 3度目の
ズージャーブーム。
全然深く知らないから、表面をさらった様な感じだけど、自分なりの楽しみ方は分かってきた。

名盤とされるものが沢山あるし、好みのプレイヤーが分かりつつあるから、まだまだ楽しみの余地が沢山ある。

前に読んでた本を読み返してみると、グッと近くに感じられる。

うまい蕎麦食べたい。

この秋は蕎麦とジャズか。
| - | - | 07:34 | category: 音楽 |
# 淡い期待
かまいたち、バイセクと来ると、どうしても期待せずにはいられない。
どうなんだろうか。
| - | - | 05:27 | category: 音楽 |
# わたしのサマーソニック2016
ホステス何とかから参加したので、土曜の夜に現地入り。

久しぶりに来たら、すげえでけえイオンとかがあったのと、メッセ駐車場の入り方が複雑になっていた。

近くのコインパーキングのが安いので、そっちに停めて、クーラーボックスのビールをプシュッ!

もう一杯はカップに入れて、会場に向かいながら呑む。

結構並んでからリストバンドつけてもらって入場。

ジンソーダを呑む。
薄すぎたので、次からはビールに。

目的のダイナソーJr.
思っていたよりもJマスキスの演奏が丁寧で感動した。
ハウらないように弾き続けると、何かのインタビューで答えてたけど、そういうレベルではなく、かなりかっこよかった。

すげえデブチンでモサモサ白髪で、仙人みたい。
ルーバーロウみたいに激しく動くことなく、ただそこで仙人が佇んでいる感じ。
想像を絶する汗をかいて、かなり消耗した。
エフェクターを多用するのを生で見られたのは楽しかった。

落ち着く為にビール呑んで、少しフラフラして、睡魔が訪れたので、車に戻って寝た。
隣の車はスライドドアと窓全開で寝てて、ハードボイルドだった。


翌日はいい天気なので、爽やかにビールをプシュッ!
テレテレと移動しながらいろんなアクトを見た。
elle kingっておばちゃんが楽しかった。
昼まではいろいろ見たり呑んだりして、ソーキそばとグリーンカレーを食べる。

仮眠して、起きたらmetafiveの為に、周りが激混みだった。
ゆっくり外に移動して、トリコを見て、イエローモンキーを見た。
一曲目に由紀さおりが出てきた。
学生時代にイエローモンキーをみんながカラオケで歌っていたので曲はなかなか知っていたので良かった。
最後にJAMやって泣けた。
イエローモンキーはスタジアムで見て、その後はアリーナに降りた。

サカナクションはフィールドが揺れる程のノリで、周りのテンションも凄かった。
レディヘッドは強弱しっかりあって良かった。
サマーソニックでのクリープは、やはりグッと来るものがあった。

2日目はイエローモンキーが一番良かった。

そして花火を見て、わたしの夏も終わり。

高速降りて、すき家でムーンシェイプド牛あいがけカレーを食べたのは言うまでもなく。
| - | - | 16:32 | category: 音楽 |
# day for night
パンプキンズのファーストはギッシュで、今度のアルバムタイトルはday for nightだっつう話だけど。

この映画の冒頭に、リリアンギッシュに捧ぐ、とあったりする。

ビリーコーガンはトリュフォー好きだったのかしら。

腹減ったから、今夜は冷麦を6人前食べよう。
| - | - | 18:00 | category: 音楽 |
# ヘルズキッチン
こんなにも、清々しくゴミのような1日は、ヘルズキッチンを爆音で聴くに限る。

耳が取れてしまう程の爆音で、ティーンの心を揺らしてくれろ。
| - | - | 18:34 | category: 音楽 |
# シティライツ
ポップス以外に、たまにはズージャーも聴いたりする。

まだまだ勉強不足だから、取っ付きの良い物が見つかると、ひとしきり聴いてみる。

ワルツが好き。

| - | - | 19:52 | category: 音楽 |
# ヒーザン
デヴィッドボウイ、新しめのアルバムから、遡って聴いていく。
次作「リアリティ」が好きで、最後の来日だった時の武道館に行ったりして、
どちらかというと「リアリティ」の陰に隠れてしまっていた印象だったけれど、
佳曲ばかりだったことに驚く。

発売年を調べて、その時の自分の生活を思い出すが、
時間は沢山あったろうに、あんまり音楽聴いてなかったのかなと反省。

ジャケットは好きじゃない、「リアリティ」もだけれど。

このまま聴き込んで、遡って、「スケアリーモンスターズ」まで行ければなと思っている。

声はやはり70年代が一番好きだ。
 
| - | - | 08:28 | category: 音楽 |
# 作業
今日はお寝坊さんだったけど、2時過ぎくらいからピコピコと作業した。

https://soundcloud.com/reverkate/breathe

15年も前の曲だけれど、ピコピコ始めならこの曲かと。

良い疲労感だわさ。
 
| - | - | 19:59 | category: 音楽 |
# ★
タイムライン見てると、また胸が締め付けられる。

きれいな曲が悲しく響くのは、私の心の鍛錬が出来ていないせいだ。

| - | - | 23:17 | category: 音楽 |
English here
Search this site
photo

Created with Admarket's flickrSLiDR.
Selected Entry
Archives
Recommend
アドア
アドア (JUGEMレビュー »)
スマッシング・パンプキンズ ビリー・コーガン
Recommend
Peepshow
Peepshow (JUGEMレビュー »)
Siouxsie and the Banshees
Recommend
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Sponsored Links