のんのん下柳と鉄郎

とりあえずGOしろや
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 2013.5東北行 仙台牛タン

おそらく前日に飲んだ牛乳。
濃厚ですごくおいしかった。


2年ぶりの仙台シリー


東口方面へ移動。


そして司へ。


1.5人前だと1700円、1人前だと1000円と激安。


やはりおいしかった。
肉ばっかり食べたな。



白松がモナカ


そんで宮城県立美術館へ。

それで帰宅。




で夜は地元で呑み。





| - | - | 13:48 | category: 東北 |
# 2013.5東北行 盛岡じゃじゃ麺

久慈での用事が済んだので、盛岡に移動。


懐かしの景色。


小雨で濡れた路地。


白龍のじゃじゃ麺。
店内での地元の会話が、聞いていて楽しい。


食べ終わったら、


たまごを割って、


茹で汁を入れて、ちいたんたんの出来上がり。


白龍と書いて「ぱいろん」と読む。


おしゃれな造りの写真屋さん。



夜は盛楼閣で冷麺を食べる。
焼肉もすごくおいしかった。
| - | - | 13:22 | category: 東北 |
# 2013.5東北行 まめぶ
久慈の駅の方へ戻って道の駅へ。


秋祭りで練り歩く山車が飾ってあって、すごい迫力だった。
五所川原の立ねぶた並みの迫力だ。


顔が怖い。


ドラマのセット風駅舎。


山車の後ろ側は全然雰囲気が違う。


かっぱ


こわめなでかい顔もあった。


町をうろうろ歩いたらプラセンタ屋さんがあった。
プラセンタが何なのかは不明。


洗濯物が揺れる。


プラセンタ屋さんは外出中。


さまざまショップもあり。


商店会の絵が、何とか十段の空気投げ。


うろうろして、まめぶが食べられるお店が開いたのでまめぶを注文。


おばちゃんがおにぎりを握ってくれる。


まめぶ、小麦粉の玉みたいな中に、くるみと黒砂糖が入ってる。
独特な食感と甘みがある。
汁はけんちんみたいな感じ。


これで500円は激安だ。


お店は道の駅の近くのところ
| - | - | 12:56 | category: 東北 |
# 2013.5東北行 小袖

ずっと内陸を走っていたので、やっと海を見られた。


つりがね洞、自然の力はすごいな。



小袖の行き止まりまで行くと、海女センターがある。
ここで夏時季になると、海女さんの漁を見学出来る。
そして「あまちゃん」の撮影でも使われているゾーンだ。


よく出てくる灯台。


STOP



クラゲが浮かんでた。


ヒトデは干からびてた。


夫婦岩、いろんな所に夫婦岩ってあるな。


ドラマの中で海女さんたちが歌いながら降りてくる坂だと思われる。


| - | - | 12:50 | category: 東北 |
# 2013.5東北行 久慈へ
夜から車を走らせて、岩手県は久慈市に向かった。


SAにあったトンネルの説明。


ジェットファンとトンネル照明の間に、


田嶋あり。


工事の看板に「じぇじぇじぇ」の顔文字が。


朝ドラの舞台の所に行ってきたわけで。
ここはドラマでは観光協会。


町のいたるところにポスターがあった。



おおむね


謎のマークあり。



駅舎の中でうに丼を売っている。


多分お店の名前「リアス亭」




けっこうびっしり詰まってるうに弁当。


海女とやきものと琥珀のまち。


駅の時刻表。
小泉線を超えた。


久慈に訪れた人が、自分の住まいのところにシールを貼ります。


凄いことに。


海女さんゾーンもあり。


ロケ地のうわさマップ。

駅周辺の後は、小袖方面へ。


| - | - | 12:29 | category: 東北 |
# 東北行について
この前後記書いたけど、全ての東北行を書いてみた後の改めての感想。

最近は一人で出掛けることが基本になっていたから、やはり人と出掛けると会話があるのがすごく楽しかった。
人に気を使う人間じゃないから、武内ボーイは疲れただろうけど、とても楽しかった。

景色は、写真で撮れたものはごくごく一部で、結局空気感はその場にいなければ感じられないものだと思った。
去年の写真を見てみて、それから今回の写真を見てみたら、ものすごくきれいになっていた。

また風が東北に向いたら出掛けてみようと思う。

| - | - | 23:06 | category: 東北 |
# 東北行8

帰路に着く前に、スーパーのお土産屋さんで「白松がモナカ」を買う。
これを買うときに「萩の月」のカウンターのお姉さんに尋ねてみたら、他店のことながらにこやかに教えてくれた。


ごまのやつ食べておいしかった。


もちろん「萩の月」も食べた。
どっちもおいしかった。
これらを現地で食べる為だけでも、出掛ける意味がある気がする。


撮るボーイ。


運転するボーイ。


も少しで完全オープンのSA



スープやきそばを食べていた隣の夫婦の会話を真似しながら食べた。


語るボーイ。



| - | - | 22:59 | category: 東北 |
# 東北行7

明るい夜だったので、明かりが消えてもマンガッタンは明るかった。
酔って散歩しながら見るのは楽しかった。


4秒も開けるとこんなに明るい。


ボーイが薄れる。


そしてボーイはいずこへと。



朝は輝かしく訪れる。


朝陽に照らされるマンガッタン。
オープンまで時間が少しある。









マンガッタンの所から、少し車を走らせて、学校があったところまで行った。
自分の目で見てみないと、感じられないことがあるということを、改めて思った。





マンガッタンに戻り、石ノ森氏と久し振りの握手。


中は前よりもスッキリとしている。
来年再オープンするので、その時が楽しみだ。


ライダーと。


甘ったれた表情のボーイとロッカー。


| - | - | 22:49 | category: 東北 |
# 東北行6

夕闇が迫る中


石巻に着き、お風呂に入った。
やはり体が温まるのは気持ち良いし、でかい風呂は魅力的だ。


夜のマンガッタン。
去年の写真を見比べてみたが、力強い程輝いていて嬉しかった。


以前は中にいたロボコンが外に出ている。



去年ハーモニカを買った楽器屋さん。
多摩川でハーモニカ練習したりしたな。


数少ないツーショット。




ボーイと焼肉。
少しお酒も呑んだ。


人がトイレに行っている隙に、こんな写真を撮っていると、こういう風にネットにあげられてしまう恐怖。


おでん屋でおでんも食べた。



| - | - | 22:38 | category: 東北 |
# 東北行5

武内ボーイがテレビで見かけたという場所をたまたま通りがかったので、その映像の話を聞かせてもらった。



「全世界のみなさんありがとう」って文字が気になったから近づいてみた。


千羽鶴だった。


雨に負けないような紙で折られていた。



それぞれ思いが込められているようだ。





一年ぶりに南三陸へ。


瓦礫はかなり無くなっていた。
ものすごくすっきりした印象だった。





あちこちに切り絵の様なものがあった。



去年寄った海産物屋さんへ。



サメとかクジラとか、興味をそそるものばかりだ。


お店にいたおじさんはこの絵にそっくりだった。




| - | - | 22:34 | category: 東北 |
English here
Search this site
photo

Created with Admarket's flickrSLiDR.
Archives
Recommend
アドア
アドア (JUGEMレビュー »)
スマッシング・パンプキンズ ビリー・コーガン
Recommend
Peepshow
Peepshow (JUGEMレビュー »)
Siouxsie and the Banshees
Recommend
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Sponsored Links